【海外】ポーランドの女優ヨアンナ・クーリクの濡れ場(映画)がAVよりエロく生々しい件

【海外】ポーランドの女優ヨアンナ・クーリクの濡れ場(映画)がAVよりエロく生々しい件 動画
生々しいエロ動画を求めて
スポンサーリンク

世の男性におけるオナニーネタの定番といえば間違いなく「AV(アダルトビデオ)」だろう。

それは正真正銘のセックスが収録されていることもあってオカズには最適だ。がしかし、時には一般映画の濡れ場シーンの方が興奮させてくれることもある。

今回紹介するのはポーランドの女優ヨアンナ・クーリクの濡れ場。これが実に生々しくエロエロなのよ・・・。

ヨアンナ・クーリクのプロフィール

ヨアンナ・クーリク

ヨアンナ・クーリク(Joanna Kulig, 1982年6月24日 – )は、ポーランドの女優、歌手である。2018年に映画『COLD WAR あの歌、2つの心』での演技が評価され、第31回ヨーロッパ映画賞(英語版)女優賞を獲得した。2019年にポーランドの雑誌『Wprost』は彼女を最も影響力のある50人のポーランド人女性で4位に挙げた。

私生活
妹のユスティナ・シュナイダー(ポーランド語版)も女優であり、ヨアンナとの混同を避けるために祖母の姓を使って活動している。2009年に映画監督で脚本家のマチェイ・ボフニャック(ポーランド語版)と結婚し、2019年2月に息子を出産した。

引用:Wikipedia

映画「ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー」での濡れ場シーン

 

 

ヨアンナ・クーリクはこの映画「ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー」に出演した当時まだ28歳。勃起を誘う表情と反則的な爆乳ボディが世の男性を虜にした

同作の濡れ場はハッキリ言って下手なAV作品を見るよりも抜けるし、海外のポルノ作品デビューを狙っている層にもおすすめの映画と言える。

ちなみに上の濡れ場はヨアンナ・クーリクが演じる女性が男性の前でオナニーをするシーン。いやらしく唾をたらしたり、男性からおしっこをぶっかけられたりとやりたい放題されるのも見どころ。

ここまでエロエロで生々しいシーンを用意してくれたんならフェラパイズリシーンも欲しかったな。

いずれにしてもドエロい映画となっている。

 

先のポーランド女優とよく似たAV女優

女優ヨアンナ・クーリクによく似た女優は見つからなかったけど、彼女の特長が部分的にみられる外国人らが収録された作品「色気ムンムンの美人過ぎるガイジンが日本人にヤられまくってヒィヒィ言ってるオススメ動画を紹介してく。パツキン美女からエキゾチックビューティー&抜群スタイル色白巨乳ちゃんまで!10人4時間」はそれなりに楽しめるんじゃないかなと。

同作は10人の外国人美女らが登場。なかにはヨアンナ・クーリクの雰囲気や魅力と似ている女性もいるのでそれらで十分に楽しむことができる。

やっぱり何だかんだ言っても素人っぽい外国人が出演するエロ動画の方が抜けるよな。

 

 

【総括】是非ともAVで観たいと思わせるほどの極上女優だった

小便をぶっかけられる劇中のヨアンナ・クーリク

小便をぶっかけられる劇中のヨアンナ・クーリク

女優ヨアンナ・クーリクの濡れ場は賛否両論だと思う。

が、海外の爆乳女優だったりポルノ女優を好む人であれば間違いなくハマると思うし、これほどまでエロエロな女優はいないと思う。そもそも一般的な女優さんなのによくここまでの濡れ場に出演したなと。

海外にはいやらしい爆乳女優が沢山いるし、素人美女のヌードも多数流出しているけどヨアンナ・クーリクのレベルに達してるかというとNoだわ。

映画「ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー」の濡れ場シーンで何度抜いたかわからないくらい。私なんぞはそれほどまでにポーランド女優・ヨアンナ・クーリクに魅了されたよ。

てなことで同作の濡れ場シーンが気になった方は是非ともチェックしてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました