プリクラ撮影にやってきたjk(女子高生)のパンチラを盗撮すべくカメラ仕掛けたったwww

プリクラ撮影にやってきたjk(女子高生)のパンチラを盗撮すべくカメラ仕掛けたったwww 動画
生々しいエロ動画を求めて
スポンサーリンク
盗撮映像アーカイブ PEEPING WIKI

ゲーセンのプリクラコーナーと言えばjk(女子高生)が集りやすいスポットと言える。

そこに目をつけたのがプロの盗撮師。カメラをバレないように設置し、十人十色のパンツを盗撮して投稿サイトへupするのだった。

ということでこの記事では「盗撮道」配信の『JKプリクラパンチラ』を観たレビューをまとめる。

サンプル動画<JKプリクラパンチラ>

 

昨今のプリクラ機は男子禁制ってマ?

プリクラは男子禁制?

あなたは最近のプリクラ事情をご存じだろうか?

結論からいうと、現状のプリクラは男子禁制になっているらしい。

その理由はもう御察しがつくと思うけど、個室内での盗撮やナンパらしい。なんでもかれこれ10年前から男子は利用できないんだとか。

これによってゲーセンの男性客が減少したらしいが、新規の女性客を獲得できたことで売り上げはUPしているとのこと。

プリクラ男女差別が拡大中?? 「男子禁制」のウラ事情

(前略)

どうしてこうなってしまったのか。あるゲーム業界関係者はこう話す。

「プリクラを楽しんでいる女性をナンパしたり、痴漢したり盗撮が相次ぎ、客離れが起きるなど施設サイドが非常に困ったからです。中には盗撮カメラを仕掛けて帰り、翌日にカメラを無くしたなどと店員に尋ねる客もいて、とうぜん警察に突き出したそうです」

業界団体のJAMMA(日本アミュ一ズメントマシン協会)に話を聞いてみると、プリクラが世に出たのは1995年だったが、マシンの形がカーテンのようなもので仕切られる個室のようになっていくに従い、何かよからぬことが起きるのではないかという不安が業界内であったという。そして盗撮やナンパなどが問題になった、今から10年ほど前から「男子禁制」の看板を出す施設が増えていった。

引用:ライブドアニュース

 

おかしいと思ってたんだよ。以前はプリクラ関連の盗撮モノが多かったから・・・。

まあ、現状ではプリクラ機内でアレをやっちゃうカップルはいるんだけど、今後はもう盗撮もハメ撮りも一切できなくなりそうだな(=関連投稿が激減する)。

この現状を異なる視点でみると、盗撮師が増えているとも言えるよね。

いずれにしてもゲーセン盗撮は終わりに向かってるわ。

 

【総括】ゲーセンに盗撮カメラを仕掛けた動画を好む人におすすめ!

プリクラ撮影にやってくるjk(女子高生)のパンツは十人十色

プリクラ撮影にやってくるjk(女子高生)のパンツは十人十色

jk(女子高生)は普段から盗撮されるリスクを恐れ行動している。そのためパンチラを容易に撮影できるターゲットではないのだ。

しかし、jkのパンチラにおける需要はとんでもなく高い。

そこで編み出されたのがプリクラ機に盗撮カメラを設置することだった。

プリクラ撮影に夢中の女子高生たちはハッキリ言って無防備。だからこそ本編のような極上の盗撮動画が投稿されたというわけだ。

うん、素晴らしい盗撮動画だったし、jkやパンチラを愛する者にはたまらない映像だと思う。

「女性をつけまわしてパンチラ盗撮した映像が実に生々しい」「【コミケ】露出度の高いコスプレイヤーの胸チラ・パンチラを狙ったらエロすぎた」も良いけど、ゲーセン盗撮モノだったら間違いなく本編がおすすめだね。

 


 

スポンサーリンク
絶対に利用すべき!裏業界No.1のガチ盗撮サイト
本物の盗撮動画を見るなら「PEEPING WIKI」でのダウンロードがおすすめ!

言わずとしれた盗撮師らの投稿先&マニアご用達の総合盗撮サイトとして、動画数は約2,000本、創設からまだ3年にもかかわらず数えきれないほどの会員を持つ。

Peeping wiki
PEEPING WIKI動画にはこんなメリットが!
1)約2,000本のガチ盗撮動画がズラリ!
2)他では見られない独占配信モノもある
3)廃盤・発売禁止となった作品も見られる
4)すべて無修正(一部モザイクあり)
5)素人はもちろん芸能人を盗撮した激ヤバ動画も…

登録後は投稿動画を1日6GBまでダウンロードし放題。VIP会員になると非公開動画を含めた全動画を1日10GBまでダウンロードし放題だ。

ナマドウマ(管理人)
ナマドウマ(管理人)
これまでに20件以上の裏投稿配信サイトを試しましたが、なかでも盗撮系でダントツだったのはPEEPING WIKIです!生々しい盗撮動画を見るなら絶対に何があっても利用すべきサイトだと思います。
PEEPING WIKIを見てみる
動画盗撮
生々しいエロ動画を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました